ホーム > 最新情報ブログ > チャーチストリート軽井沢 癒しの小径

チャーチストリート軽井沢 癒しの小径

こんにちは

今日は旧軽井沢の小径を紹介をしたいと思います。

【ささやきの小径】と呼ばれていますが…

避暑地軽井沢の始まりに大きく関わっているアレキサンダークロフトショウ氏。

そのショウ氏をはじめ外国人宣教師達が散歩する道にいろんな名前をつけていったそうです。

その中の一つがこの小径です。

今回初めて知ったのですが、この小径を【サナトリウムレーン】

と宣教師達は呼んでいたそうなのです。

サナトリウム=療養所ですね。

この小径に大正時代に旧サナトリウムがあったそうです。

この道は私も大好きでよく散歩します。

日常から離れ、水の音を聞いて穏やかな気持ちになれるからです。

知らず知らずに癒されていたのでしょうね。

時はたっても、その力は変わらないということでしょうか…

またこの小径は堀辰雄の【美しい村】にも登場します。

ショウ氏が

【軽井沢は屋根のない病院】

だと言ったのは、有名な話ですが、まさしく今もそうではないかと思います。

来軽された皆さんもこの町で癒され、元気をチャージしていかれるとうれしいです…

ちなみに、チャーチストリートはその名の通り聖パウロ教会へと続く道です。幸せの道です。

皆さんの楽しいひと時のお手伝いができるような場所にしたいと思っています。それでは…

タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2012年7月12日
最終更新日:2013年03月10日

関連記事

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.churchst.jp/blog-20120709-komichi/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ブログ一覧へ戻る