ホーム > 最新情報ブログ > 光は私達が見るという行為によって情報を得る手段

光は私達が見るという行為によって情報を得る手段

natsume
先日、お知らせいたしましたが、千葉大名誉教授 夏目雄平先生プレゼンツ「大人も楽しめる科学の実験と旅のお話」イベント、無事終了いたしました♪♪

皆さん、とっても興味深く先生のお話に聞き入っていましたね。

先生の講座にもございました、”光”と”蜃気楼”の関係。先生の一文をご紹介します。

”光は私達が見るという行為によって情報を得る手段になっている。でもその伝わり方は必ずしも真っ直ぐではない。

我々は光がやって来た延長にものがあると信じてしまう。

そこで、あるべき場所でない位置に「蜃気楼」を見てしまう。”

物理学はとっても奥深く、人間の頭脳では理解できない素晴らしい事が果てしなくあり、その追求の過程こそが物理学そのものだと。

とても興味深い講座になりました。次回”蜃気楼”を見た際はまた違った想いで見ることになりそうですね。

タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2013年9月2日
最終更新日:

関連記事

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.churchst.jp/blog-20130902-natsume/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ブログ一覧へ戻る