ホーム > 最新情報ブログ > ハロウィン( halloween )の由来

ハロウィン( halloween )の由来

gogen
ハロウィン( halloween )の語源は、カトリック教会から由来しています。

大人の日( All Hallows Day )である11月1日は、すべての成人を祝う宗教的な行事を持つカトリック教会の伝統的な記念日でしたが、この日を記念する前夜祭( All Hallows Eve )が長年変化しながら伝わってきたのがハロウィンの語源上の起源として知られています。

この由来をもう少し見てみましょう。

紀元前5世紀頃のケルト人が住んでいた今のアイルランド地方と北ヨーロッパ地域は、冬がとても長く、10月31日を夏の終わりとして、11月1日を新しい年の最初の日としました。

収穫の季節が終わり、暗くて寒い冬が始まる前日の10月31日に、当時の人々は生者と死者の境界が不明瞭になると信じていました。

死んだ人の魂が再び地上へ降臨し、農地を荒らしたり事故を起こしたりして、生きている人々の体を乗っ取ってしまうと信じられていました。

そのため、この日、町中の人々は肉体を占領されないために暖房を止め、体を冷たくして霊から身を守りました。

そして、鬼のように扮装をして声高に村を歩き回りることで、肉体を探し回る霊を追い払えると信じていました。

その後、紀元後1世紀頃、ローマ人はケルト人の風習を受け継ぎました。

この風習は、年月が経つにつれ、徐々に変わって幽霊が体に入ってくるという意識は弱まり、お化け、幽霊、魔女のような服を着て集まるお祭りの形式で発展しました。

この風習が移民によってアメリカに伝えられ、今日の子供たちの祭りとして定着しました。

トリックやトリート( Trick – or – treat )の風習はケルト人の風習とは関係がないと推定されており、11月2日 “魂の日( All souls day ) “のイベントでヨーロッパの人々が村を回り、正方形の”魂のケーキ( Soul cake )を求めたのが、その由来とされています。

魂のケーキをより多くを得るほど、より多くの魂を救ってくれることができると当時の人々は信じていました。

ジャックランタンまたはジャッコランタン( Jack – o – lantern )は、アイルランドの伝説を起源としています。

ジャックは乱暴で悪いことばかりしていました。ジャックはサタンを誘惑し、木に上がらせ、木の幹に十字架を刻み込んで悪魔を釘付けにしました。

その後、ジャックが死んでから、彼は生前の悪い行いで天国に行けず、悪魔を騙した罪で地獄にも行けなくなりました。

代わりに悪魔はジャックに一つの小さな火種を与えました。暗く寒い冬を越すため、ジャックはその火種を大事にするために、カボチャの中を取り出して、その中に火種を入れて大事にしました。

このランタンを片手に持って彷徨うことになった彼の話は伝説として伝えられました。

これがジャックランタンの由来とされています。

毎年10月31日のハロウィンの日に作るカボチャのロウソク立てをジャックランタンと呼び、善霊を引き寄せ、悪霊達を遠ざける効果がるとされています。

タグ(=記事関連ワード)

タグ: ,

日付

投稿日:2013年10月22日
最終更新日:

関連記事

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.churchst.jp/blog-20131021-halloween_gogen/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ブログ一覧へ戻る