ホーム > 最新情報ブログ > バレンタインの起源

バレンタインの起源

vl

wikipediaより
最近はまた寒い日が続いていますね。

こういう日が続くとホットチョコレートが恋しくなります^^

さてバレンタインの日まで1週間強。

ただバレンタインってそもそもどこから始まったの??と思っている方も多いかもですね。

そこで今日はバレンタインの起源をちょっとだけお話させて下さい。

バレンタインデーは、 もともと269年にローマ皇帝の迫害によって殉教した 聖ヴァレンティヌス(バレンタイン)に由来する記念日です。

ローマでは、2月15日はルペルカリア祭という豊作を祈願する祭日でした。前日の2月14日に若い娘たちは自分の名前を書いた札を桶に入れ、 祭りの当日、男たちが桶から札をひき、ひいた男と札の名の娘が、祭りの間パートナーとして一緒にいる習わしでした。

そして、そのまま結婚するというのが一般的だったのです。

しかし、若い兵士の結婚は認められていませんでした。

なぜなら、若い兵士が愛する人を故郷に残した状態では、士気が下がってしまうからです。

そんな中、キリスト教司祭であるバレンタインは、兵士と恋人をかくまって密かに結婚させていたのです。

その罪を問われ、バレンタインは捕らわれてしまいました。
 
その頃のローマでは、キリスト教は異端教として迫害されてました。

そのため、ルペルカリア祭の生贄として、バレンタインは祭りの前日(2月14日)に処刑されました。
 
その後、キリスト教徒の間では、バレンタインが聖人に列せられ、処刑された日を恋人たちの日としてSt. Valentine’s Day となったのです。

実はとっても悲しいお話。でもバレンタインは多くの恋人達を結ばさせてこの世に愛を多く生ませたキューピッド、救世主ですね。

タグ(=記事関連ワード)

タグ:

日付

投稿日:2014年2月10日
最終更新日:2014年02月11日

関連記事

この記事へのコメント

トラックバックurl

http://www.churchst.jp/blog-20140210-vlorigin/trackback/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



ブログ一覧へ戻る