チャーチの想い
チャーチの想い

世界各国から

 今から約125年前に、カナダの宣教師アレキサンダー・クロフト・ショーさんが見つけてくれた軽井沢。
避暑地として、日本だけではなく世界各国から“本物を知る人達”を魅了してきました。

標高1000メートルに位置する軽井沢では、数々のスピリチュアル的な伝説も言い伝えらています。
重病を患った病人が、軽井沢に来たら2週間で病が完治してしまった。
本当なの?と首をかしげた先に、多くの妊婦さんが道を歩く風景が見えるのはただの偶然でしょうか?!

年間800万人の観光客

 軽井沢には2万戸程の別荘が存在します。これは、軽井沢町に住民登録している世帯(住んでいる方)の約2倍以上です。
そして、年間800万人程の観光客が日本・世界各国から訪れます

軽井沢って一体どんな場所なんでしょうか? 何でそんなにも多くの方を惹き付けるのでしょうか?

歴史と文化に味付けされた軽井沢

 歴史と文化に味付けされた軽井沢。
自然が醸し出す静寂と高原ならではのやさしい空気感。
先人達に守られてきたからこそ表現できる街並み。
そして、夜になると月という演奏者を中心に幻想的な音を奏でる無数の星達。
目をつぶり、軽井沢をイメージし、考え始めたら際限なく景色・感覚・想いがわき出てきます。

しかし、現在軽井沢にお越しになられるほとんどの方は、そんな軽井沢を知り体感する前に帰路に着かれてしまっているのではないでしょうか?
すごそこに絶対的な資産(歴史・文化・伝説・等)が存在し、非日常的な空間に足を踏み入れる事ができるのに・・・。

我々は、それが本当に残念で仕方がありません。

チャーチストリート軽井沢の想い

 そんなプレシャスで代替のきかない軽井沢を少しでも多くの方に知ってもらいたい。
家族・友人・仕事の同僚・他多くの方に「軽井沢って!」という会話が始まるような想い出を提供したい。
それが、チャーチストリート軽井沢の想いです。

チャーチストリート軽井沢という名前は、「軽井沢を代表する教会の1つである聖パウロ教会への道」という意味でCHURCH(教会)STREET(道)KARUIZAWAと命名しました。
喧騒な銀座通り商店会からチャーチストリートを通じて神聖なる聖パウロ教会へ。
教会という“聖”とショッピングモールという“俗”のコントラストも旧軽化してもらう1つのお楽しみです。

チャーチストリート軽井沢を発着点として、軽井沢の本質を知り、体験し、
そして想い出を残していって下さい。
目指すはQcalization(旧軽化)です。